【暴露】サロンのヘアカラーとホームカラーは変わらない。

2020.02.25

こんにちは!

シュンスケです!

最近、うれしかったことは「三國 清三」さんから

サインまで書いていただいた本が届きました(^^)v

食文化・歴史、食に対する想い、愛がたっぷり詰まった、

見てるだけで元気になる、魔法の1冊。

なんと!約30,000円!!

お値段以上に、中身に感動です(感謝)

サロンに置いていますので、ぜひ体験してください(^^)/

 

さて

「サロンのヘアカラーとホームカラーは変わらない」

そのとおりだと感じました!!!

「ヘアカラーの満足度」の統計では

サロン vs ホーム の満足度は

53  :  47  だそうです!!!

 

驚愕です💦

プロとして心苦しいです。

 

と、ここで

ヘアカラーの仕組みを、サクッと書いてみましょう。

「使用薬剤」

① アルカリ剤 + 色(1剤) ② 過酸化水素水(2剤)

「染める方法」

①と②をしっかり混ぜて、髪に塗って5~30分置いて流すと、染まる。こんな感じです(^^)v

 

 

 

① アルカリがキューティクルを開く(下図)

➡キューティクルの隙間から色が入る

 

② キューティクルから入っていった色と過酸化水素が

髪内部で反応し、色素が大きく膨らみ、髪に定着する。

 

 

③ 流して、乾かして ヘアカラー終わり!

 

 

このままでは・・・

カラー直後、アルカリ(ダメージの元)と

過酸化水素が水と活性酸素に分解され

活性酸素(老化の原因)が、髪と肌に残ります。

白髪染めの場合はジアミン(アレルギー成分)も残る可能性が高いです。

 

カラー直後の髪の構造はキューティクルが開いた状態で

ダメージを受けやすく、デリケートになっています。

 

体で言うと、おもいっきりコケて

「手当てをしていない状態」です。

 

現在も約80~90%のサロンでは「手当てなし」でヘアカラーをしています。

 

ホームカラーは、ほぼ100%「手当てなし」でしょう。

 

 

「手当てをしないと」

● 色がすぐ抜ける

● ダメージが進行する

● 肌に負担がかかる

● 白髪が増える原因になる

● 薄毛の原因になる

● おでこやくびのシワが増える

● アレルギーの発生率が上がる

あげれば、きりがありません。

 

僕自身も薬剤による「ひどい、ひどい手荒れ」を体験しています。

それらを使ってお客様の大切な髪に、肌に使用してきました。

「手当てなし」で帰すサロンに勤めていました。

そういう時代、環境でした。

無知は本当に怖いものだと心から猛省しました。

 

今ではスタッフ全員、手荒れなし、肌の調子も上々です(^^)v

髪がきれいになると、身体もきれいになる、繋がっています。

 

ヘアカラーで大切なこと「基本のき」

■ アルカリ(ダメージの元)を残さない

■ 活性酸素(老化の原因)を残さない

■ ジアミン(アレルギーの元)を残さない

■ キューティクルを元に戻す

■ 油分を補う

あなたの髪にとって、最低限、必要なことです。

あなたの身体にとっても大切なことです。

 

時には、安易なヘアカラーも必要かもしれない

ダメージを体験した私たちだからこそ、あえてお伝えします。

 

本当にご自身を大切にするなら

安易なヘアカラーはやめて下さい。

 

 

しっかり勉強しているサロンも増えています!

ご興味ある方は「髪の病院」で検索ください(^^)/

 

 

髪質改善クリニック/S-Beautの

ベーシックヘアカラー 16,500円~(税込)

メニューはコチラ

お問い合わせはコチラ

【キャンペーンはコチラ】

 

おかげさまで12周年、今では

美容師さん、一般の方、メーカーさんの前で講師として

お招きいただけるようになりました。

本当にありがとうございます。

 

髪質改善クリニック/S-Beaut「循環~美容を通じて健康寿命をのばす~」

 

PAGETOP