子育て世代に知ってほしい「子どもの正しいシャンプー方法」

2020.03.02

こんにちは!

シュンスケです。

僕も2児のパパで、小学1年、2年の娘がいます。

小さい時から、シャンプーの方法を教えてきました(^^)v

今ではシャンプー&トリートメントも

自分たちでできるようになってきました(^^)v

と言っても・・・

正しいシャンプーの方法は学校では教えてくれないし

美容専門学校でも、実はそこまでは学ばないんです・・・

だから、知っていない方がほとんどなんです・・・

 

そこで、少しまとめます。

 

【シャンプーの目的】

その① 髪や頭皮の汚れを取る

その② 髪の質をよくする

その③ 正常に髪が生えてくる準備をする

①、②、③それぞれ使用するシャンプー剤、シャンプー方法が異なります。

 

≪今回は、その① 髪や頭皮の汚れを取る≫ことをお伝えします。

シャンプー方法には

・ ブラッシング

・ 予洗い(お湯ですすぐ)

・ シャンプーをつけて洗う

・ シャンプー剤を流す

 

■ ブラッシング・・・髪が長い場合はとくに大切です!

髪は外気にさらされ、身体のどの部分よりも多く

花粉やPM2.5などさまざまな目に見えない物質が付着します。

ブラッシングでしっかり落としましょう(やさしくしてね)

 

■ 予洗いについて・・・しっかりすすぎましょう(とても、とても大切です)

・ 3分間丁寧にすすぐと汚れの「70~80%程度がとれる」

・ お湯の温度は37度~39度が好ましい

※熱すぎると、油分をとりすぎて肌の乾燥の原因、

髪のダメージの原因に繋がります。

■ 予洗いのポイント

・ 頭皮(地肌)にたっぷりお湯をかける

・ 髪が長い場合は、お湯をかけながら髪を

「クチュクチュ」もみ洗いする(やさしくするのがポイント)

※ 頭皮を洗うこと、髪を洗うことを分けてやってください(^^)/

■ シャンプーをつけて洗う・・・

予洗いで70~80%汚れを落とせたら、

「ゴシゴシこすらず」髪と頭皮にシャンプーの泡を

まんべんなくつけるのがポイントです。

お顔を洗うときはゴシゴシこすりますか?

頭皮もお顔と同じようにお手入れください(^^)/

そして・・・

目的に合ったシャンプーを選ぶ(これすごく、すごく大切です)

・肌にやさしく、よごれを落とすシャンプーがオススメ

・こどもは(大人でも)「香料」や「トリートメント成分」が原因で

肌トラブルが起きることがあるので注意してほしいですね。

※僕のこどもたちはクレンジングシャンプーを使用しています。

 

■ シャンプー剤を流す・・・

・シャンプーの泡に汚れが吸着します。

・泡が残っていると、汚れも残っているのと同じです。

・髪や頭皮だけでなく、顔、首、耳、肩、背中、お腹も

忘れずにしっかり流しましょう。(皮膚に残ると肌トラブルの原因になります)

 

お風呂上りはしっかり乾かしてくださいね!

うちの子供はドライヤー練習中です💦

なかなか上手くいかないので、陰ながら応援中です(^^)v

【正しいシャンプー方法はコチラ】

【クレンジングシャンプーはコチラ】

※ネット販売はしていないのでお問い合わせください。

【キャンペーンはコチラ】

 

髪質改善クリニック/S-Beaut

PAGETOP