しっかり寝て、パフォーマンスを上げる。

2020.03.22

 

こんにちは!

シュンスケです。

すっかり春ですね~。

今年は冬も春になっても気温差が激しく、

体調管理がむずかしいという声を耳にします。

対策は色々しても限界があります。

個人によって体調管理は差がでますね。

知識をつけて、対策はもちろんのこと、

自分の心の持ちようが大切だなと実感している今日この頃。

 

さて

 

ちょっとマニアックになったらすみません(知っている人は知っている)

睡眠中に体力が回復して起きたら元気!

って子供のころはそうでしたね!?

僕も36歳になり、子どものころよりかは・・・

しか~し

睡眠の質を高めることでパフォーマンスが上がるそうです。

 

僕も実践した結果・・・

とても、とても、心身ともに元気倍増です!

 

 

 

では、なぜ、寝ている間に体力が回復するのか?

 

人は、視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚と

起きている時はフル活動で情報処理を「脳」で行っています。

(無意識でも脳は休むことなく活動しています)

そこで、日中、脳はエネルギーを多く必要としています。

その為、脳内には血液を介して栄養(エネルギー)が多く運ばれます。

 

一方、寝ている間、脳は情報処理の量が少なくなり、

エネルギー量も少なくてすみます。

 

人には3つの体液

● 血液・・・細胞の栄養を運ぶ

● リンパ液・・・いらないもの排泄する

● 脳脊髄液(のうせきずいえき)・・・体全体を整える

ざっ~くりですが、こんな働きです。

どれも大切な働きです。

 

さらにその答えを探るべく近年、

睡眠時に脳がどのような状態なのか撮影を行ったとのこと。

映像から、わかったこと!

回復には脳脊髄液が活躍していたのです!

 

脳は日中に比べて、寝ている間の方が脳内の血液量が少なく

その少なくなった分、脳脊髄液が脳内に多く流れていきます。

血液と入れ替わり脳脊髄液が脳を休ませている(整える)

ことが、映像で撮影されたとのことです!

 

脳を休ませることが身体にとって大切なことの1つですね。

 

これが分かれば

日中でも脳を休ませてあげたいな

寝る前に脳におつかれさま、ありがとうっていってみる

日頃は中々、今よりも睡眠時間を増やすのは難しいかもしれないですが

心を少し、頭を少し休める意識を持つだけで変わりそうですね。

 

しっかり寝れた日は、ご機嫌でパフォーマンスがあがります(^^)/

 

髪質改善クリニック/S-Beaut「循環~美容を通じて健康寿命をのばす~」

サロン内の空気にもこだわっています(^^)v

コンセプトはこちら

 

10分寝るだけ Beauty Padサロン内で大・大好評!

肌や髪がうるおう!びっくりです。など嬉しいお声も(^^)v

お問い合わせはコチラ

 

 

PAGETOP